• ホーム
  • ユーザーフレンドリー必須!読みやすい記事の書き方

ユーザーフレンドリー必須!読みやすい記事の書き方

サイトのURL

検索エンジン最大手のGoogleは、検索結果判断の際にコンテンツの内容を重視することを鮮明にしています。特に人間の生活において大きな影響を及ぼす、YMYLに関連するコンテンツにおいては、E-A-Tを重視することを明らかにしています。なぜなら美容や病気、投資や税金など健康やお金に関するコンテンツの内容は、検索ユーザーに大きな影響を与える可能性が否定できないからです。そのためユーザーの不利益にならないように、専門性・権威性・信頼性(E-A-T)をとりわけ重要視しているのです。
しかし、いくら内容の優れたコンテンツも、検索ユーザーにとってストレスなく読むためのわかりやすさや、中身が伝わりやすいように、"ユーザーフレンドリー”を常に意識することが必要です。特によく見うけられるのはWEBライティングの作法やルールを理解していないがために、テキストが理解しにくい仕上りになっている事例です。そこで、より検索ユーザーの理解を助けるための、読みやすい記事の書き方について基本を押さえておきましょう。
まず、形式面では文字サイズの大きさや誤字脱字などです。文字サイズではフォントの大きさが問題になりますが、大きすぎればコンテンツの内容は薄くなり、小さすぎると敬遠されて読み進んでもらえない可能性があります。誤字脱字を推敲するのは当然ですが、フォントサイズも読みやすさに繋がるうえで重要な要素なので適度な大きさを心がけましょう。

WEBページに辿りついたユーザー、とくにモバイルユーザーなどの理解を助けるために、随時見出しや吹き出しをつけてテキストの予測可能性を持たせることも有効です。適切に配置された見出しや吹き出しはテキスト全体を読む前にある程度の内容を把握させることを助けます。
コンテンツの読みやすさを確保するには、適宜改行して行間をあけるなどして、テキストの密度が高くなりすぎないようにすることもポイントです。モバイルでは一行あたりの文字が少なくなるので、切れの良い文章が大切です。適度に改行してコンテンツ内部で行間をあけるようにすることで、長めのテキストもメリハリをつけて読む進めることができるでしょう。
特にテキストが長くなる場合は、アンカーテキストを随時配置して参照しやすい工夫をしたり、記事の内容の概略を把握するのを助けるべく、パンくずリストなども併用すると効果的です。
パンくずリストは、ページ上部のヘッダー部分に選定キーワードをリスト形式で表示します。テキストだけでは冗長になるので、ときには画像を貼付して視覚的理解を高めます。SEO対策のために、画像にはalt属性を付与することも忘れないようにしましょう。