• ホーム
  • リライトはどれくらいの頻度で行えばいい?

リライトはどれくらいの頻度で行えばいい?

SEO対策のために、コンテンツの更新や追加の重要性が高いのは明らかです。WEBサイトがどの分野のトピックを扱っているにしても、日々新たな情報にあふれているからです。
例えば史学においても、過去の歴史の1ページすらも、過去の文献の新たな解釈が発見されたり、科学的分析法の導入などの学際的成果が発見されることによって、これまでの定説や通説的見解が覆されることもあります。
ましてやITテクノロジーやヘルスケア関連などの分野では、新たな研究成果の発表によって最新の知見にアップデートすることが必須になっているからです。
しかるにSEO対策でコンテンツの充実をはかるためには、過去の記事内容についても最新の知見によって判断すると、過去のコンテンツの内容が陳腐化していたり情報の鮮度が落ちてしまったり、不要な情報が含まれているようになっている可能性があります。
また定期的に更新を心がけており、それなりにドメインエイジがついているにもかかわらず、検索順位が一向に上がってこないときは、コンテンツ改善やコンテンツ順序変更を図る必要性に迫られているといえます。
過去のドメインエイジで積み上げたサイトリソースを活用するコンテンツ改善方法には、過去のコンテンツのテキストをリライトする方法があります。

リライトとは既存の記事から不要な情報を取り除いたり、逆に新機軸の情報などを追加することで、検索ユーザーにとっての魅力を高めることです。
サーチコンソールなどのアクセス解析ツールを活用して、検索ニーズの高いコンテンツができるだけサイト表面に表示されるように、コンテンツ順序の入れ替えも時には検討するべきです。
情報の鮮度が常に要求されるテーマの場合は、更新頻度をあげると同時に、検索ニーズの高いキーワードを交えたロングテールキーワードを活用して、リライトすることも対策になります。
更新頻度が高いサイトほど、ユーザーの興味を喚起することになり、検索順位の上位表示結果も期待できるでしょう。
またキーワード選定にあたっては、コンテンツの独自性をだすために関連語や共起語をテーマにしたタイトルにしてリライトすれば、単なる記事のブラッシュアップではなく情報の鮮度も高くなることを意味します。
関連語や共起語にあわせて、注意したいのがコンテンツの文字数です。検索エンジンは文字数が多いほど、ユーザーにとっての有益な内容を含むものと判断する傾向があります。長いテキストでは小見出しをうまく活用してユーザーが常に、この先のコンテンツの中身をある程度把握出来るように工夫するのもポイントです。