• ホーム
  • 手動?自動?ペナルティってなに?

手動?自動?ペナルティってなに?

スマホを見ている男性

常日頃、WEBサイト管理に従事している方にとって、絶対に回避したいのが検索順位が下位になることや、検索圏外に排除されることです。SEO対策には色々な方法論が紹介されています。最近のGoogleのパンダアップデートやペンギンアップデートを前提にすれば、良質なバックリンクを数多く獲得することができ、検索ユーザーにとって役に立つコンテンツと判断されるように記事のクオリティをあげるなどの対策の重要性が再認識されています。
さらにバックリンクなどの外部対策だけでなく、サイト内の階層構造を理解しやすくするためのアンカーテキストや、内部リンクの充実など内部対策の重要性も叫ばれているところです。
ところが一連のSEO対策を怠っていないのに、ある日突然検索圏外に排除されるといった事象に遭遇することがあります。これまでは順調に検索順位上位を実現していたのに、ある日を境に検索順位が下位に沈むというのもおなじ延長線上にある現象です。
突然検索結果などの順位表示がさがった場合に、懸念されるのはGoogleなどの検索エンジンからペナルティを受けているということです。Googleでは、サイト管理などに当たるWEBマスター向けのガイドラインを発表しています。それがウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)と呼ばれるものです。ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)とは、Googleが定めた“ペナルティを受ける可能性のある不正行為”の内容を規定したものです。

ウェブマスター向けガイドラインに違反する不正行為が発覚して制裁を受けることになるわけですが、ペナルティは大きく分けると手動ペナルティと自動ペナルティからなっています。
手動ペナルティとは、Googleが個別のサイト内容をスタッフの目で確認し、ガイドライン違反と判定されることで下されるペナルティです。これに対して、自動ペナルティとはGoogleのアルゴリズムに従ってガイドライン違反を認定されて下されるペナルティになります。
ペナルティの原因としては、スパムサイトなどの問題のあるサイトから被リンクを受けていたり、ワードサラダなどのサイトへのリンクを持つなどの外部要因が想定されるので最終的には再審査などの対策が必要になります。手動ペナルティについては、serch consoleから警告メッセージが届いているので確認することが可能です。低品質な被リンクなどの外部要因については、serch consoleでリンク否認などを行い、ガイドラインにそった内容に修正して、再審査を申請することになります。

人気記事一覧
サイト内検索