• ホーム
  • 新規ドメインと中古ドメイン、どっちがいい?

新規ドメインと中古ドメイン、どっちがいい?

サイトのURL

WEBサイトを開始するにあたっては、ドメインを取得するのが一般的です。ドメインを取得しないと数多くの制限を受けることが多いので、集客や売上などのコンバージョンを期待するにはドメインを取得することは必須とされているのです。ドメインとはインターネット空間上の住所に相当するものになります。

ところで取得するドメインには、大きく分けると新規ドメインと中古ドメインの2種類があります。新規ドメインと中古ドメインには、それぞれにメリットとデメリットがあります。検索順位上位表示を目的としたSEO効果を上げる点では、どちらを選ぶことがベターでしょうか。

新規ドメインを取得することのメリットは、サイトテーマに密接に関連した独自のドメインネームを付けることができることです。新商品や会社名をドメインに入れるなどすれば、長期的な企業などのブランディングにも寄与することが期待できます。
また中古ドメインはドメインエイジをもっているので、過去の運用期間においてガイドライン違反を行ってペナルティが適用されていると、いくらSEO効果を狙って対策をとっても検索結果順位を上昇させることは困難になります。これとひきかえ、新規ドメインは過去の運用期間がないので、開始当初はペナルティのリスクはほぼないというメリットもあります。
これに対して中古ドメインはドメインエイジがあるので過去の運用履歴によっては、当初から数多くのバックリンク(被リンク)を保有していることが珍しくありません。新規ドメインではバックリンクを獲得するために、コンテンツの充実にある程度の期間が必要になります。そして過去の運用期間で検索エンジンから得ていた評価もそのまま引継げるので、サイト運営開始当初からでも検索上位表示を狙うことも可能です。

他方で中古ドメインは、旧ドメインからのデータを引継ぐときに、リダイレクトを利用する機会が多くなります。ドメインを利用するにはサーバーに設定することが必要ですが、旧ドメインのコンテンツなどを引継ぐにはサーバーから新たなドメインに転送するように、リダイレクトを設定することも必要になります。
このリダイレクトは旧ドメインを訪問した検索ユーザーを新たなドメインのサイトを表示するので、SEO効果の上でも便利な機能です。しかし不適切なリダイレクトと判断されるとペナルティを受ける可能性があるのがデメリットといえます。低品質やスパムリンクなどを洗い出してリンク否認などの対策も、ときには要求されることがあるでしょう。

人気記事一覧
サイト内検索