• ホーム
  • 検索順位をあげるには自然な被リンクを手に入れる

検索順位をあげるには自然な被リンクを手に入れる

パソコンを見ている男性

WEBサイトを運営しているのは、それぞれに何らかの目的があるわけですが、最大の目的であり動機になっているのは検索順位を上位表示に成功することで、集客や問い合わせなどのコンバージョンを期待することです。キーワードで検索されたときの表示結果が上位にランクインすること、すなわち検索順位が上位になることを狙うわけです。
従来から検索順位の上位表示を狙うためのSEO対策においては、被リンクの数の多さが重視されてきました。
被リンクとはバックリンクの別名を持つもので、WEBページのコンテンツについて、共感や有益な情報を獲得できた検索ユーザーが、別のサイトでリンクを貼ってもらうことです。検索ユーザーがリンクをはることで別サイトでも、コンテンツへのリンクを貼るのは有益な情報を得てのアクションにほかなりません。そのためバックリンクなどの自然な被リンク数を数多く獲得したサイトは、ユニークな記事タイトルやユーザーに有益なコンテンツを提供したものと検索エンジンに判断されて、検索順位の上位結果を見込めることになります。

ところで被リンクの数はコンテンツの評価指標のひとつに過ぎません。コンテンツの中身が実際に上位表示結果するに足りるクオリティを持っているのかの評価指標は、別のアルゴリズムの導入によって対処されることになります。その目的を達成するために、Googleはアルゴリズムの更新を繰り返し実践しているわけです。

とりわけGoogleでは、役に立つコンテンツが上位表示されることを目的にして200を超える数のアルゴリズムを導入しています。役に立つコンテンツとは検索ボリュームの大きい選定キーワードでもユニークな記事タイトルや、記事自体の情報の有益性が高いと判断されるWEBページのことです。
検索エンジンのクローラーなどがインデックスして、検索ユーザーにとって役に立つコンテンツと判断されると、検索順位上位結果も可能なアルゴリズムを実装・更新しているのが現在の検索エンジンの特徴です。
他方で直接のSEO効果は見込めないものの、SNSでコンテンツが共有される(バズる)と多くのSNSユーザーに拡散される傾向は顕著になっています。
SNSにおいてバズることで被リンクを獲得しても検索エンジンは認識しませんが、結果的にSNS上で拡散されてアクセス数が増加して、集客につながる可能性も高くなるのは事実です。したがってSNSで積極的に発言したり自サイトを宣伝することも、SEO対策上無視できない存在になりつつあります。

人気記事一覧
サイト内検索