• ホーム
  • 301と302のリダイレクトの違いと仕組み

301と302のリダイレクトの違いと仕組み

新たなドメインなどにWEBサイトを移転したときに必須になるのがリダイレクトになります。大きく分けるとリダイレクトには、301リダイレクトと302リダイレクトの2種類があります。
リダイレクトには方向を変えるという意味がありますが、SEO対策の場面においてはWEBページを訪問したユーザーを指定URLへ転送することを意味しています。混同されがちな301リダイレクトと302リダイレクトですが、その違いや仕組みを検討して参りましょう。

そもそも301リダイレクトとは恒久的な転送を意味しており、WEBサイトやページを新たなURLに移転することです。仮になんらの手立てもなくWEBサイトの移転を行うと、移転前までの運用履歴や検索エンジンにインデックスされた記事の総合評価・検索順位などはすべて引き継ぐことができないので、これまでのドメインエイジはすべてムダになってしまいます。
これに対して、301リダイレクトを活用することで、検索エンジンのクローラーにも新URLを認識させることが可能になり、元のURLのページランク(評価)も引き継ぐことが可能になります。検索エンジンからの総合評価や被リンクなども恒久的に、引き継ぐためには301リダイレクトは必須です。仮にこの作業を行わないと、新規ドメインでSEO対策をやり直すことになってしまうからです。
これに対して302リダイレクトとは、301リダイレクトと同様に、検索エンジンにURLの移転を認識させることを目的にしている点では共通していますが、あくまで一時的に止まることが異なります。このような特徴を持っているので、近日中に元のURLに復帰することを前提にしていることからメンテナンス時やサーバーに不具合が生じたときに使用されることになります。
ところで302リダイレクトを行うときに、例えば“www”ありでも、なしでもアクセスが可能になっている場合があります。このような状況は検索エンジンの効果が分散するので、URLの正規化によりひとつに統合して変更する必要があります。URLの正規化とはwwwあり、なしなどが混在している場合にひとつに統合して変更することです。検索結果の分散を防止して、301リダイレクトをおこなった後もSEO効果を期待することができます。
URL正規化の方法には、Googleが推奨するhtaccessファイルを使用して301リダイレクトする方法と、canonicalタグを使用して正規化する方法の2つが用意されています。

人気記事一覧
サイト内検索