• ホーム
  • Google AdSenseで広告費で収益を出す!

Google AdSenseで広告費で収益を出す!

WEBサイト運営を通じて集客や売上を追求するスタイルで自サイトを立ち上げたときはもちろん、個人の方がブログを開設して趣味についての情報発信するスタイルを採用している方であっても、収益化を図ることを可能にするのがGoogle AdSenseになります。
Google AdSenseとは、Googleが提供しているサイト運営者向けのコンテンツ連動型の自動広告配信サービスです。
開設しているサイトやブログに広告を掲載して、ユーザーがクリックすると管理者に対して報酬が支払われるサービスです。
サイトでの成果報酬型広告にはアフィリエイトがありますが、アフィリエイトで報酬が発生するのは対象商品の売買に成功したときです。
Google AdSenseの場合はユーザーが広告内容の商品などを購入することに繋がらなかった場合でも、クリックするだけで報酬が発生するという特徴を持っています。
一般的な成果報酬型の自動広告は、1クリック1~10円程度と低く設定されていますが、Google AdSenseでは1クリック最低ラインで20~30円、高いものになると50~100円ほどと、かなり高額に設定されているのがメリットです。

その反面、関連性の高い自動広告を貼ることで収益化を図るものなので、Google AdSenseを利用するには厳しい審査を通過する必要があります。
しかも審査合格後に自動広告を配置することに成功しても、定期的にコンテンツ内容についてGoogleからのチェックが入ります。審査通過後もサイト内で規約違反が発覚した場合は、Google AdSenseを完全に利用できなくなるリスクもあるわけです。
ところでGoogle AdSenseで収益化を図るためには、クリック率を高くする必要があります。
クリック率を上げるために大切なのは、配置する位置とサイズにあります。もちろんコンテンツとの関連性の高い自動広告になる事が必須なので、うまくコンテンツから興味を誘引するような内容に構成することも収益化のための注意点です。
配置するためにサイドバーはよく選択されますが、目に留まるという点では意義がありますが実際のクリック率は低いようです。
現在、Google AdSenseは1記事に設置できる数には制限がないので、とりあえずサイドバーに置くのもいいでしょう。
ポイントになるのは長いテキストが終了した直後の部分です。ユーザーが一息つく場所に、さりげなく視線にとまるくらいのサイズの広告を貼れば、興味の赴くままにクリックするユーザーが増えることも期待できます。