• ホーム
  • SEOで上位を目指すためのURL構造

SEOで上位を目指すためのURL構造

WEBサイトのURLを決定するときにも、SEO効果を高めることを実践することが可能です。URLは単にWEBサイトに飛ぶための文字列に過ぎないと思われている方にとっては、URL名を一工夫することでSEO対策になるというのは、少し不思議な印象を持つことでしょう。

しかし見方を変えるとユーザーの利便性を高めるためのURL構造を持たせることで、クリックなどのレスポンスも期待できるので、最終的にはSEO効果をもたらすことになるのです。

具体的に言えばコンテンツ内容に関連性の高いURL名を付することで、コンテンツ内容と整合性を持たせたり、簡潔なURLにして日本語や英語にしてもわかりやすい文字列を採用するなどです。
もちろん検索ユーザーは選定キーワードやタイトルなどを参考にして、クリックなどの判断をしているわけですが、ユーザーにアピールするツールとしてわかりやすいURL構造に心がけることでSEO対策としても意義があるわけです。
SEO効果も見込めるURL構造を検討するときは、Googleが推奨している形式を前提にしたURLを採用することが重要です。この時に検索ユーザーだけでなく、検索エンジンのクローラーの巡回も意識してURL構造を採用することで、重要なWEBページも参照されやすくなるので、この面でもSEO効果を見込めます。

検索エンジン最大手のGoogleが推奨しているURLとSEO効果の両面から、URLを決定するにあたっては簡潔なURLにしてコンテンツ内容に合致したURL名にすることが必須です。
URLには選定キーワードを入れたりすることでユーザーの利便性は高くなるのは明らかといえます。
またURLを決めるときには、適宜英語やハイフンを盛り込むことによっても、ユーザーの利便性を高めることが可能です。例えばドメイン名やディレクトリに日本語が使用されていると、URLをブラウザにコピペすると冗長な文字列になってしまうことがよくあります。
ユーザーにとっても予測できないので参照しようとの意欲もわきません。ユーザーにとっても検索エンジンにとっても認識しやすいように、英語にハイフンを交えた文字列でURL名を決定するのが賢明です。
なおURLはリンク階層とディレクトリ階層からなります。ユーザーの利便性を高めるには浅いディレクトリー階層に設定することが効果的です。

ちなみにパーマリンクを使用するときにはアンダースコアよりもハイフンがベターとされています。パーマリンクを使用することも想定すると、アンダースコアではなくハイフンを利用したURLにすることが大事です。

人気記事一覧
サイト内検索