• ホーム
  • SEOを考えたらタイトルが重要!

SEOを考えたらタイトルが重要!

検索エンジンで上位結果表示をねらうSEO対策を構築するなかで、タイトルの付け方は重要です。具体的には、WEBページのタイトルタグで囲まれた部分の文字列のことを意味しています。各種のブラウザでページ内のバーに表示されるのも同様です。タイトルを参照することで、検索ユーザーはページ内部のコンテンツの中身をある程度予測することが可能になります。いわばユーザーにコンテンツについての予測可能性を与えて、サイトページ内での回遊性を左右する玄関口に相当するものと考えて間違いないでしょう。
ところでGoogleなどの代表的な検索エンジンは、無料でユーザーにとっても有益なコンテンツの提供を通じてユーザーを集めて広告を掲載することで収益をあげることがビジネスモデルになっていると考えられます。検索結果のページを参照すると、上位から順番に検索ユーザーにとっての関心の高いキーワードが目白押しに並んでいるのを目の当たりにすることができます。
検索するユーザーの多い、検索ボリュームの大きいキーワードであっても、関連性のあるクエリを組み合わせて、キーワードの差別化をはかっているのがわかります。検索結果上位につながるためには、クリック率を上げることが必須になるのです。
コンテンツの中身の予測可能性を持たせて、魅力的なタイトルでクリック率を上げるには、メインキーワードの位置は前方に置くことが望ましいとされています。前方とは画面表示上では左側に位置することになります。もっとも現在のGoogleのアルゴリズムでは、記事全体を参照してコンテンツの評価を行っているので、必ずしもキーワードの位置を前方にこだわる必要がないとされています。しかしユーザーに瞬時にコンテンツ内容を予測してもらうには、前方に検索クエリが配置されているほうが良心的です。
なおタイトルはWEBページ内にどのような内容が記載されているかを端的に紹介する情報といえます。ほかのサイトと差別化しつつも、ユニークで興味深い印象をあたえるには、文字数はある程度の数字は必要です。タイトルの文字数の数字の目安は、おおむね30文字とされています。タイトルが途中で途切れてしまうのは印象がよくないことから、どの環境でも一画面で表示できるように30文字程度が推奨されているようです。タイトルに、よりオリジナリティを持たせつつ、内容が曖昧にならないためには関連性の高いクエリを盛り込むことも効果的です。