公開履歴
スマホを見ている女性

現在では検索エンジンの代名詞的存在になっているGoogleですが、インターネット空間において最大手の需要を得るに至っているのは検索結果の信頼性が理由だと言えます。検索ユーザーからの高い支持を獲得するのに成功したのは、Googleアップデートを繰り返し更新してきたことが影響しています。
Googleアップデートとは、Googleが実装し運用しているアルゴリズムの度重なる更新のことをさしています。Googleアルゴリズムとは検索順位結果を判断するための評価指標になるプログラムのことで、実に200以上のアルゴリズムで運用されていると言われています。このアルゴリズムの見直しを行い、検索結果の正確性や信頼性を担保しようとするアップデートが繰り返し行われてきました。
なかでも検索順位に大きな順位変動を及ぼし、WEB担当者の注目を集めてきたのが、ペンギンパンダの二つのアップデートになります。WEB担当者にとって検索結果の順位変動についてはSEO効果に直結するだけに、高い関心を呼ぶのは当然です。過去にはペンギンやパンダ以外にもGoogleアップデートは繰り返し行われていますが、この二つの更新が注目を集めるのは従来のSEO対策のありように大きな変化を与える内容を含んでいるからです。
パンダアップデートとは、WEBページ内のコンテンツの内容を評価するアルゴリズムの導入と改善にあります。コンテンツのクオリティを判断することを明確に指向するもので、他サイトのコピーテキストの有無や、同一サイト内での類似したコンテンツの確認などを主な内容にしています。
ペンギンアップデートでは、被リンクの品質を確認するアルゴリズムの導入と更新が中心です。被リンク先が不自然な文字列で構成されたディレクトリサイトや、スパム手法を用いたブラックハットSEOについては検索順位を下げることなどが主な内容になっています。
Googleがコンテンツの内容や被リンクの質を重視するのは、YMYLについてのE-A-Tを重視する姿勢を明らかにしたことに関係しているのです。YMYLつまり健康やお金に関するコンテンツは、E-A-Tすなわち信頼性・権威性・専門性を重視する姿勢を明確にし、検索ユーザーに有益な情報をもたらすコンテンツを保有するWEBサイトを上位表示させるようになっていることと関係しています。
最近では増加するモバイルユーザーに対応し、モバイルフレンドリーアップデートが実施されました。今後はモバイルユーザーを強く意識したアップデートが主流になると見られているのです。